家の中でもスポーツ観戦を楽しむためのブログ

スポーツYeah!

NBAリーグパスのイメージアイキャッチ画像

バスケットボール

NBA Rakutenで配信!リーグパスなら全試合をみることができる

更新日:

アメリカのプロバスケットボールリーグNBAを思う存分楽しみたいという人におすすめなのが「NBA Rakuten」。

日本でNBAを見たいと思うのならチェックしたいサービスです。

配信する試合数や月額料金の異なる4つのプランから自分にあったものを選べるネット配信サービスで、本場NBAの雰囲気を感じることのできるライブ配信はNBAファンにとってはたまらないはず。

ここでは各プランの内容や月額料金、サービスの特徴、メリットについて紹介します。

NBA Rakuten以外でNBAを見る方法についてはこちらを確認してみてください。
【まとめ】NBAをテレビ放送やネット配信で見る方法を徹底比較!

NBA Rakutenの公式サイトをチェックするならこちら。
NBAの試合をいつでも、どこでもライブ観戦|NBA Rakuten

NBA Rakutenとはどんなサービスか

「NBA Rakuten」はNBAの試合をネット配信するサービスです。

プランによってはNBAのレギュラーシーズンだけでなく、オールスターゲームやプレイオフなど1200試合以上を視聴することが可能

NBAが大好きな人にとっては外せないサービスです。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットでも視聴でき、対応するデバイスを利用すればテレビでも見ることができます。スマホやタブレットに見たいゲームをダウンロードすることも可能で、いつでもどこでもNBAを楽しむことができるようになります。

「NBA Rakuten」に加入することで、グッとNBAを身近に感じれるようになるはずです。

19-20シーズンより前のリーグパスとの違い

NBAを視聴するサービスと言えば「NBAリーグパス」が有名です。

ですが、19-20シーズンからは楽天の新プラットホーム「NBA Rakuten」へとサービスが移行することとなりました。今までのNBAリーグパスは利用できません。

とはいえ、新サービスNBA Rakutenに変わったからといって大きな違いがあるかというと基本的な部分に変更はありません。例えばNBA全てが見れるプラン「LEAGUE Pass」や一つのチームを選択してその全ての試合が見れる「TEAM PASS」、週9試合が見れる「BASIC Pass」、などプランに大きな変更はありません。(BASIC PASSと昨年までのGAME CHOICEでは多少違いがありますが)

LIVEチャット機能やデータの充実など追加されたサービスもありますが、基本的には運営が楽天になったというだけでNBAの試合をたくさん見れるサービスだという点では特に変わりはありません。

サービス内容についての詳細は以下で紹介します。

既存サービスからの移行について

Rakuten NBA SpecialやNBAリーグパスに加入済みの人はどのようにNBA Rakutenにサービス移行されるのでしょうか。

Rakuten NBA Specialの場合

Rakuten NBA Specialに加入している場合、10月1日から自動的にNBA Rakutenへ移行されます。

その場合、プランはベーシックプランになります。

他のプランがいい場合はプランの変更手続きをしましょう。

NBAリーグパスの場合

NBAリーグパスに加入している場合、自動的にNBA Rakutenに移行されません。

リーグパスの契約が切れるので、新たにNBA Rakutenに加入しましょう。

その際、楽天のIDが必要になります。

見れる試合について

NBA Rakutenには4つのプランが用意されています。

それぞれの視聴可能な試合数は次の通りです。

  • BASIC PASS(ベーシックパス)
    週9試合以上(平日1試合以上、休日2試合以上)
  • TEAM PASS(チームパス)
    選択した好きな1チームを全試合
  • LEAGUE PASS(リーグパス)
    全チームの全試合
  • Single Game(シングルゲーム)
    有料の動画を1本ずつ個別に購入して視聴

好きな試合好きなだけ見たいのであればリーグパス。他のチームは見なくていいので応援しているチームの試合は見たいならチームパス。注目の試合を中心に見たいならベーシックパス。

このように自分に合わせてプランを選べるのが嬉しいところです。

料金について

料金は月毎と年毎の2通りがあります。

プランごとの料金は次の表のとおりです。金額はWeb決済、GooglePlay決済のものです。App Store決済だと多少価格が違います。詳細は公式サイトを確認してください。

プラン名 BASIC PASS TEAM PASS LEAGUE PASS Single Game
月額の料金 990円 1,430円 2,640円 550円
年額の料金 7,700円 15,400円 19,800円 -

NBAのシーズンが約9ヶ月だと考えても年額の方が割安です。

年払いだと額が大きいので手を出しづらくもありますが、結局シーズン通して見るのであれば月払いではなく年払いにしておくことをオススメします。

※価格は時期(開幕時とリーグ終盤など)により変わる可能性もあるので。事前に確認して申し込みましょう。ちなみに2019年10月中はLEAGUE PASSの年払いが9,900円とキャンペーン価格となっています。

\NBA Rakutenの公式サイトをチェックする/


NBA Rakutenのメリット

バスケが好き、NBAが好きという人におすすめのNBA Rakuten。

なぜオススメなのか。NBA Rakutenのいいところを紹介します。

どこでも見れる

スマートフォンやタブレットに対応しているためどこでも視聴が可能です。

「スマホのデータ通信量が気になって外出先では視聴しづらい」という人でも、ダウンロード視聴を利用すれば外出先でも安心して視聴できます。ダウンロード視聴はWi-Fi環境のある場所でダウンロードすればオフラインでも視聴が可能になる機能です。

これがあると、気になる試合をとりあえずダウンロードしておき、通勤時間や休憩時間に視聴というように時間を有効に使うことができます。

好きな試合を選んで見れる

とにかく見れる試合数が多いです。

リーグパスでは1200試合以上が視聴可能ですし、チームパスだとしても1チームを選択して全試合が視聴可能です。

特に応援しているチームもなく、ある程度見れればいいという人でも、ベーシックパスであれば上位チームや人気チームを中心にサービス側が選んだ週9試合を見ることができます。

あなたがどの程度NBAを見るかによって、プランを選択できるのがうれしいポイントです。

オールスターもプレイオフも

NBA Rakutenではプランによってはレギュラーシーズンだけではなく、オールスターゲームもプレイオフも視聴することができます。

さらに、レギュラーシーズン前のサマーリーグやプレシーズン、そしてドラフトも視聴できるので、シーズン前の各チームの状態をチェックするなんてことも可能です。
NBAのサマーリーグをテレビ放送やネット配信で見る方法

また、これ以外にも簡単に試合内容を確認できるハイライトや「NBA TV」によるNBA独占プログラム、楽天オリジナルのNBA番組、インタビュー、プレスカンファレンス、ビデオアーカイブもチェックできます。(プランによって見れない場合も)

ライブチャットやデータ情報の充実も

今シーズンから始まるRakutenNBA。以前までのNBAリーグパスやRakuten NBA Specialから更にパワーアップしています。

それが試合中ユーザー同士がチャットできるライブチャット機能とスタッツやデータの種類の強化です。

ライブチャットは好きなアイコンとニックネームを決め投稿が可能。YouTubeやニコ生のようなユーザー同士の楽しみが増えるはず。もちろん、まったくコメントを見ないというのも楽しみ方の一つでしょう。

データの充実ではスタッツをグラフなどで直感的に比較できたり、データの項目が増えたりと、NBAを数字で楽しむことができます。

\NBA Rakutenの公式サイトをチェックする/

対応デバイス

対応しているデバイスが多くあると、NBAを楽しむ時間が増えます。

家でパソコンから視聴したり、外出先ではスマホで視聴したりと選択肢が増えるからです。

NBA Rakutenに対応しているデバイスは次のとおりです。

  • パソコン(Windows / mac)
  • スマートフォン、タブレット(Android / iOS)
  • Chromecast
  • Fire TV Stick
  • PS4

パソコンやスマホ、タブレットだけでなく、他にも対応しているデバイスが多くあります。

特にChromecast(クロームキャスト)やFire TV StickがあるとテレビでNBAを楽しむことができるのでおすすめです。

2019年10月現在で非対応なのは次のとおり。

  • ブラビア (ソニー) 2013年、2014年モデル
  • ビエラ (パナソニック) 2014年モデル
  • Android TV 2015年以降モデル
  • Apple TV

対応開始時期は未定となっていますが、もしかしたらいずれ対応するのかもしれません。

NBAリーグパスをテレビで見るならFire TV Stickがおすすめ

ネット配信であるNBAリーグパスをテレビで見るにはいくつかの方法があります。その中でも1番のおすすめはFire TV Stickを利用することです。

上でも紹介したとおり、他にはChromecastが対応しています。

正直どちらかがあればいいのですが、Amazon Prime

などのVODサービスでも幅広く使えるFire TV Stickが使いやすいです。

Fire TV Stickの使い方は次の通り。

  • Fire TV Stickをコンセントとつなぐ
  • Fire TV StickをテレビのHDMI端子につなぐ
  • Fire TV StickのWi-Fi設定をする
  • NBA Rakutenをテレビで見れる

また、NBA Rakuten以外にもYouTubeを同じようにテレビで見れるようになったり、ゲームをすることも、対応するVODサービスにも使えます

このようにNBA視聴以外にも使える商品だということもおすすめする理由のひとつです。

Chromecast ブラック

価格:4,978円
(2018/3/28 01:03時点)
感想(953件)

こんな人におすすめ

NBA Rakutenは「NBAの見たい試合を見たいときに見る」ことができるサービスです。

ですので、次のような人にはおすすめです。

  • NBAが好き
  • 応援しているチームがある
  • ストレスなく見たい試合を見たいときに見たい

今シーズンのGSWはどうなってしまうのか、HOUそしてLALは?カリーやレブロン、ザイオンが注目されるのは当然ですが、違うチームや違う選手ももっと見たい。ドアマットチームであろうと応援したいチームがある。プレイオフ争いもいいんだけど、ドラフト指名権がかかってる下位チーム同士のマッチも見たい。

そういったNBAに対する欲があるならNBA Rakutenのリーグパスがいいでしょう。

NBA初心者であればまずはベーシックパスから始めてみてもいいでしょう。とにかく、NBAを見るのであればNBA Rakutenです。

\NBA Rakutenの公式サイトをチェックする/

RakutenNBAでNBAを見る:まとめ

  • NBA公式で楽天による配信サービス
  • 視聴可能試合数に応じて4つのプランが用意
    全試合見れるリーグパス、好きなチーム1つを全試合見れるチームパス、週9試合程度見れるベーシックパス、1試合ずつ購入のシングルゲーム
  • 対応デバイスも多くPCでもスマホでもテレビでも視聴できる
  • ダウンロードしてオフラインでも視聴できる
  • 試合中でユーザー同士がチャットできるLIVEチャット機能がある

NBAを見るならNBA Rakutenです。

19−20シーズンからはスッキリと、とりあえずNBA Rakutenに入っておけば問題なしとなりました。

ただ、統一されたことにより心配なのが始まったばかりのサービスがちゃんと機能するのかということ。始めのうちはアプリの使い勝手など、不満に思う点も出てくるかもしれません。ですが、きっとそれらの不満点を解消していってくれるはずです。NBAが公認するサービスだからこそのの安心感があります。

まあ心配しててもしょうがありません。まずはNBA19−20シーズンを新たなサービスで楽しみましょう。

\NBA Rakutenの公式サイトをチェックする/


-バスケットボール

Copyright© スポーツYeah! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.