家の中でもスポーツ観戦を楽しむためのブログ

スポーツYeah!

プロ野球をテレビやネットで見る方法

野球

【2020まとめ】プロ野球をテレビ放送やネット配信で見る方法を徹底比較!

更新日:

プロ野球中継をお父さんが見てるから他のチャンネルが見られない!
またプロ野球のせいで放送時間の変更かよ!

こんなことが常識だった時代は過ぎ、今ではテレビでプロ野球中継を見ることは極端に減りました

プロ野球を地上波で見ていた野球ファンにとっては寂しいことでしょう。

では今はどうやったらプロ野球中継が見られるの?と疑問に思っている人もいるはず。

プロ野球は無料の地上波から有料の衛星放送やネット配信へと変りました。もちろん地上波でも放送はしていますが、こうした衛星放送やネット配信ではより多くの試合を中継しています。

しかもその方法は一つではありません。

ここではプロ野球をテレビ放送やネット配信で見る方法を紹介し、それぞれの特徴を比較し、あなたにあったサービスはなにか見つける手助けとなる情報を紹介します。

DAZN

DAZNは130以上のスポーツコンテンツが年間10,000試合以上配信されている動画配信サービスです。

プロ野球は広島が主催する試合を除きシーズン全試合がライブ配信&見逃し配信されています。今シーズンからヤクルトの主催試合が追加され、残るは広島だけととなりました。広島ファンやセ・リーグファンにとってはかなり残念ではあります。

ただパ・リーグファンにとっては問題は少ないですし、この月額料金でさらにプロ野球以外のコンテンツが見られるというのは魅力的です。

特に野球好きにとってはメジャーリーグで活躍する日本人選手の試合が見られるというのはかなりのプラスポイントといえます。

また対応するデバイスも豊富なので、家でテレビで見ることも外出先でスマホで見ることもできます。いつでもどこでも好きなときに見られるというのもDAZNの魅力でしょう。

ここがポイント!

  • 広島主催試合を除くシーズン全試合が生配信&見逃し配信
  • 月額料金は1,750円(税抜)
    ドコモのケータイユーザーは980円(DAZN for docomo)
  • 対応デバイスが豊富でテレビでも見られる
  • プロ野球以外のスポーツ配信あり
    メジャーリーグで活躍する日本人選手もチェックできる
  • 1ヶ月の無料お試し期間あり

詳細についてはこちらの記事を参考にしてみてください。
DAZNでプロ野球を見るメリット・デメリット

まずは1ヶ月無料でお試し!DAZNに加入するならこちら!
【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが年間10,000試合以上見放題!

スカパー!プロ野球セット

スカパー!はいろいろなジャンルのチャンネルから好きなものを選んで契約する衛星放送サービスです。

プロ野球セットはセ・パ両リーグのレギュラーシーズンが全試合(一部除く)見られるようにチャンネルが構成されているセットで、プロ野球の試合以外にも構成されるチャンネルで放送されている番組はすべて見ることができます。

月額料金は基本料429円(税込)と視聴料4,054円(税込)の合計4,483円(税込)と少し高めです。またアンテナなど初期費用がかかる場合もあります。

オフシーズンのキャンプ中継やオープン戦、情報番組なども放送されているのは野球ファンにとってはうれしいところ。

またオンデマンドにも対応しているので、家だけでなく外出先でも見ることができます。

応援するチームを1試合も欠くことなく見たいという場合はスカパー!がオススメです。

ここがポイント!

  • セ・パ両リーグのレギュラーシーズンが全試合放送(一部除く)
    ※広島東洋カープの主催試合のライブ配信について、一部エリア(広島県ほか)では視聴いただけない試合もある。
  • 月額料金合計4,483円(税込)
    内訳:基本料429円(税込)+セット視聴料4,054円(税込)
  • オンデマンドにも対応
  • プロ野球の情報番組も放送
  • 初月視聴料が無料(基本料はかかる)

詳細についてはこちらの記事を参考にしてみてください。
スカパー!プロ野球セットで見るメリット・デメリット

スカパー!を公式サイトでチェックするならこちら!

RakutenTV パ・リーグSpecial

パ・リーグファンであればRakutenTVのパ・リーグSpecialもおすすめです。

こちらは楽天の動画配信サービスRakutenTVに登録し、Rakuten パ・リーグSpecialというパックコンテンツ購入することで視聴できます。

パ・リーグ主催試合が全試合配信するにもかかわらず、月額料金702円とお得な金額設定です。年額プランにするとさらにお得。楽天スーパーポイントも溜まりやすいので楽天ユーザーとも相性がいいサービスといえます。

だだし、パ・リーグ主催試合が全試合見られるからといって、パ・リーグの試合すべてが見られるというわけではありません。交流戦のセ・リーグ主催試合が見ることができないのです(2020シーズンは交流戦中止)。盛り上がる交流戦が楽しめないのは少し残念ですね。

対応するデバイスは多く、ダウンロード視聴が可能でオフラインでも視聴できるので家でも外でも色々な使い方ができるのはプラスポイント。

ここがポイント!

  • Rakutenパ・リーグSpecialはRakutenTVのパックコンテンツ
  • 月額プラン:702円(税込)、年額プラン:5,602円(税込)
  • パ・リーグ主催試合を全試合配信
    交流戦セ・リーグ主催試合は見られない(2020シーズンは交流戦中止)
  • 楽天スーパーポイントが貯まる・貯めやすくなる
  • 対応デバイスも多く、ダウンロード視聴も可能
    家でも外出先でも見やすい

詳細についてはこちらの記事を参考にしてみてください。
Rakutenパ・リーグSpecialで見るメリット・デメリット

\RakutenTVの公式サイトをチェックする/

パ・リーグTV

パ・リーグ6球団により設立した会社が運営する動画配信サービスです。

月額料金1,450円(税別)でパ・リーグ主催試合全試合が生配信&見逃し配信されます。交流戦期間中(2020シーズンは交流戦中止)は巨人と阪神の主催試合も視聴できるのが特徴です。

金額は割高ですが1日チケットもあります。またパ・リーグ球団のファンクラブに加入している場合は月額950円とお得です。

クロームキャストやAppleTVにも対応しているので、テレビに映して視聴することも可能。

パ・リーグに所属するチームを応援している人にはオススメのサービスです。

ここがポイント!

  • パ・リーグ主催試合が生配信・見逃し配信
    オールスターと日本シリーズは除く
  • 交流戦中(2020シーズンは交流戦中止)の巨人・阪神主催試合が見られる
  • 月額1,450円(税別)、1dayチケット600円
    パ・リーグ各球団有料ファンクラブ加入者は月額950円(税別)
  • 気になる別会場の試合も3画面同時に視聴できる

詳細についてはこちらの記事を参考にしてみてください。
パ・リーグTVで見るメリット・デメリット

\パ・リーグTV公式サイトをチェックする/

地上波・衛星放送

昔ほど放送数はありませんが地上波でも野球中継をする場合があります。

特に開幕戦やオールスター、クライマックスシリーズ、日本シリーズなどの注目される試合では地上波放送の可能性は上がります。

また衛星放送でも放送することがありますが放送数は多くなく、プロ野球のためだけに衛星放送の契約をするのはコスパが悪いです。

たまにでいい、どのチームの試合でもいい、という程度の人であれば満足できるでしょうが、プロ野球ファンならば上で紹介しているサービスを利用するほうがいいでしょう。

ケーブルテレビ

ケーブルテレビでは上で紹介しているスカパー!同様、色々なチャンネルが放送されています。

各局・各チャンネルごとに放送するチームが違ってくるので、応援するチームが放送されているチャンネルがあるのであればOK。(例えばGAORAだったら阪神や日ハムなど)

ただ、スカパー!のようにセットになっているわけではないのでどの局でプロ野球を放送しているのかが分かりづらく、契約するケーブルテレビ局によって放送されるチャンネルが違うのが難点。まずはエリアのケーブルテレビ局をチェックしどんなチャンネルがあるのか、どのチームの放送をするのかをチェックしましょう。

比較

ここでは上で紹介したDAZNとスカパー!、RakutenTVのRakutenパ・リーグSpecial、パ・リーグTVを比較します。

それぞれ見られる試合などメリット・デメリットがあるので自分にあったサービスを探しましょう。

見られる試合で比較

DAZN 広島主催試合を除く全試合
スカパー! セ・パ両リーグ全試合(一部除く)
Rakutenパ・リーグSpecial パ・リーグ主催試合全試合
パ・リーグTV パ・リーグ主催試合全試合
交流戦期間中は巨人・阪神主催試合も含む

レギュラーシーズンの見られる試合は上記のとおりです。

全試合見たいのであればスカパー!のプロ野球セットです。その他は見られない試合があります。特にセ・リーグファンの人は広島の主催試合が見れないDAZNでは、けっこうな試合数見られなくなるのでとてもつらい。

月額料金で比較

DAZN 1,925円(税込)
ドコモユーザーは1,078円(税込)
スカパー! 4,483円(税込)
基本料・視聴料合計額
Rakutenパ・リーグSpecial 702円(税込)
年額プラン5,602円(税込)
パ・リーグTV 1,595円(税込)
ファンクラブ加入者1,045円(税込)
1day660円(税込み)

単純に安さでいえばRakutenTVのパ・リーグSpecialです。パ・リーグファンであればオススメです。

全試合見られるスカパー!は少し高め。他のスポーツも見られるDAZNはコンテンツ量からするとお得かも。

その他の特徴で比較

DAZN ・プロ野球以外のスポーツも配信
・ドコモユーザーは安い
スカパー! ・プロ野球以外の放送も見られる
・アンテナなど初期費用がかかる
Rakutenパ・リーグSpecial ・楽天スーパーポイントが貯まりやすい
・ダウンロード視聴が可能
パ・リーグTV ・ファンクラブ加入者は安い
・気になる別会場の試合も3画面同時に視聴できる

プロ野球以外にも配信・放送される番組があるサービス、プロ野球に特化しているサービス。パ・リーグだけのサービス、両リーグのサービスと分かれます。

基本的なサービスはいずれも整っていますが、RakutenTVのダウンロード視聴はかなり便利な機能です。これがあるだけで通信量を気にせず、好きなときに好きな場所でプロ野球を楽しむことができます。

また、いずれのサービスもテレビに映して見ることもできるので、ネット配信サービスだからといって敬遠する必要はありません。

テレビで見る方法

DAZN ・スマートテレビ
・ゲーム機(PS3,4,Xbox One)
Chromecast,Apple TV,Fire TV Stickなど
スカパー! ・「110度CS対応のデジタルテレビかレコーダー」と「110度CS対応BSアンテナ」
・光回線を使ったテレビサービス
Rakutenパ・リーグSpecial ・対応するテレビ
Fire TV Stick, ChromecastApple TV,PS4
パ・リーグTV Chromecast,Apple TV,Miracast

多くのサービスに対応しているのは Chromecastです。これがあればサービスの乗り換え時にも使い回せます。また、YouTubeなどもテレビで見られるようになるので、自宅のテレビがネットに対応していないのであれば持っていて損のないグッズです。

Chromecast ブラック

価格:4,978円
(2018/3/28 01:03時点)
感想(953件)

これ以外にも、パソコンやスマホ・タブレットをHDMIケーブルでテレビでつなげたり、ミラーリング機能のあるデバイスを利用したりするとテレビでも視聴できます。詳細は各サービスの公式サイトで確認してください。

プロ野球を見る方法:まとめ

  • DAZN
    広島を除く全試合+他スポーツも配信
  • スカパー!プロ野球セット
    全試合放送(一部除く)するが価格が高い
  • Rakutenパ・リーグSpecial
    パ・リーグのみ、安い
  • パ・リーグTV
    パ・リーグのみ、交流戦は巨人・阪神も
  • 地上波・衛星放送・ケーブルテレビ

「多くの試合を見たい」「応援するチームの試合をできる限り見たい」と思うのであれば、いつ放送するかわからない地上波や衛星放送よりもDAZNやスカパー!、RakutenTV、パ・リーグTVを選択することをおすすめします。

いずれも放送・配信する試合に特徴があるので、自分が応援したい・見たい試合を放送・配信しているサービスを選びましょう。

全試合みたいのであればスカパー!のプロ野球セットです。

スカパー!を公式サイトでチェックするならこちら!

どのサービスにするか決めかねる、迷ってしまうという場合は、試合数と価格のバランスがいいDAZNもおすすめです。

1ヶ月無料でお試し!DAZNを公式サイトでチェックする!

パ・リーグを応援しているのであればRakutenTVパ・リーグSpecialがおすすめです。価格も安いので、自分に向いてないサービスだった場合のリスクが低いです。

RakutenTVの公式サイトをチェックするならこちら。
パ・リーグ主催試合のすべてが見放題【Rakuten パ・リーグ Special】

まずは1ヶ月試してみて、合わない場合は別のサービスへ乗り換えましょう。年間契約さえしなければ1ヶ月で解約も可能です。気軽にお試しして自分にあうサービスを探しましょう。

-野球

Copyright© スポーツYeah! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.