バスケワールドカップを見る方法

バスケットボール

【放送予定】FIBAバスケットボールワールドカップ2019をテレビやネットで見る方法

バスケットボールのワールドカップが2019年8月31日から中国で開催。

日本ではBリーグが開幕し、ワールドカップへの出場権を獲得。そして東京オリンピックでの出場権を得た日本バスケットボール代表。さらに日本人NBA選手が2人も誕生。いま、日本バスケ界は乗りに乗っているといってもいいです。

今大会では1次ラウンドで前回優勝国のアメリカと同じグループに。世界一との対戦も楽しみ。そんなバスケファンも多いことでしょう。

ではFIBAワールドカップ2019はテレビ放送やネット配信で見ることができるのでしょうか。

ここではワールドカップを見る方法を紹介します。

見る方法は大きく分けて2つ。ネットを利用しDAZNで見るか、フジテレビ系のテレビを見るかです。以下、放送局ごとの特徴や料金、メリットについて紹介します。

FIBAバスケットボールワールドカップ2019の大会概要

大会 FIBAバスケットボールワールドカップ2019
開催地 中国

北京
南京
上海
武漢
東莞
仏山
広州
深セン

開催期間 2019年8月31日から9月15日

2019年開催のFIBAバスケットボールワールドカップは中国で行われます。

過去2大会はアメリカが優勝。今大会で3連覇を目指します。

出場チーム

今大会は32チームが参加し、AからHの8グループに4チームずつ分けられ予算を戦います。上位2チームが2次ラウンド、そして決勝ラウンドです。

注目はアメリカをはじめ各国にいるNBA所属選手。NBAでは見られないチーム分けで、本気の戦いを見ることができます。

個人的にはセルビアのヨキッチ&マリヤノビッチのビッグマンコンビ。そしてオーストラリアのイングルズ、パティ・ミルズ、デラベドバのトリオです。アメリカ代表も面白そうですが、それ以外のNBA選手にも注目です。

  • A) コートジボワール / ポーランド / ベネズエラ / 中国
  • B) ロシア / アルゼンチン / 韓国 / ナイジェリア
  • C) スペイン / イラン / プエルトリコ / チュニジア
  • D) アンゴラ / フィリピン / イタリア / セルビア
  • E) トルコ / チェコ / アメリカ / 日本
  • F) ギリシャ / ニュージーランド / ブラジル / モンテネグロ
  • G) ドミニカ共和国 / フランス / ドイツ / ヨルダン
  • H) カナダ / セネガル / リトアニア / オーストラリア

テレビ放送やネット配信で見る方法

DAZN

DAZNは130以上のスポーツコンテンツを配信するネット配信サービスです。

FIBAワールドカップも日本戦に加え、アメリカなど強豪国を中心に多くの試合を配信する予定になっています。

月額料金は1,750円(税抜)でドコモのケータイユーザーの場合月額980円のDAZN for docomoに加入することもできます。初回は1ヶ月無料で利用できるので、ワールドカップを機会にお試しで加入してみるのもいいでしょう。

DAZNではBリーグも配信しているので国内リーグに興味があるバスケファンにはおすすめのサービスです。

ここがポイント!

  • 日本戦は全試合配信、その他強豪国を中心に配信
  • 月額1,750円(税抜)、ドコモユーザーは月額980円(税抜)
  • ライブ配信&見逃し配信
  • バスケ以外にも多数のスポーツコンテンツが見れる

1ヶ月無料でお試し!DAZNを公式サイトでチェックする!

フジテレビ

フジテレビでは地上波とBS・CSでバスケワールドカップを放送します。

中でも地上波放送は特別費用ももかからず見れるのがうれしいところ。残念ながら放送試合数は少なく日本-アメリカ戦のみ予定(開幕時)されています。

とりあえず日本とアメリカの試合だけ見れればいいというのであればこれでもいいですが、「日本戦をすべてみたい」もしくは「他国の試合も見たい」というのであれば他の方法を選択したほうがワールドカップを楽しめるでしょう。

ここがポイント!

  • 地上波放送
  • 日本代表を数試合放送(開幕時予定は1試合)

BSフジ

衛星放送のBSフジでは地上波よりも多くの試合を放送予定です。日本の1次ラウンド全3試合を放送予定(開幕時)となっており、日本の活躍次第では増える可能性もあるのでは?と期待です。

ただ、BSフジは地上波とは違いアンテナやチューナー、もしくはケーブルテレビへの加入必要となります。現在衛星放送見れる環境ではない場合、新たに衛星放送へ加入する必要があり費用もかかってきます。

バスケのワールドカップのためだけに衛星放送に加入というのは少し現実的ではありません。それならDAZNへの加入や次に紹介するフジテレビNEXTを利用するほうがおすすめです。

ここがポイント!

  • 衛星放送
  • 日本戦を放送予定(開幕時予定は3試合)
  • BSが見れる環境が必要
    「BSデジタルチューナー内蔵テレビorレコーダー」と「BSアンテナ」もしくは「ケーブルテレビ」経由
  • 衛星放送の受信料がかかる

フジテレビNEXT

フジテレビ系のCSチャンネルです。フジテレビNEXTはスカパー!やJ:COMに加入することで見ることができます。月額料金1,200円+基本料金が必要です。

日本に加えアメリカなどの強豪国を中心に放送予定。DAZNほど多くはないものの1次ラウンド9試合を放送する予定となっています。9試合のうち日本戦3試合、アメリカ戦3試合となっていてるのでこれで満足という人も多いかもしれません。

また、ネット配信サービスのフジテレビNEXTsmartというサービスもあり、こちらでも数試合放送を予定しています。テレビ放送の方のフジテレビNEXTに加入した場合は無料で利用できます。ネット配信サービスのフジテレビNEXTsmartに単独で加入する場合は月額料金1,200円(税抜)かかります。

ここがポイント!

  • フジテレビのCSチャンネル
  • 1次ラウンド9試合放送予定
  • スカパーやJ:COMなどで視聴できる
    アンテナやチューナーなどが必要
  • 月額1200円+基本料金

スカパー!を公式サイトでチェックするならこちら!

バスケットボールLIVEはダイジェストのみ!

国内のバスケ配信サービスとして有名なバスケットボールLIVEですが、FIBAワールドカップはダイジェストのみの配信となります。

試合全体を通しては見れません。

比較しておすすめ

開幕時点では1次ラウンドの放送予定が発表されており、2次ラウンド以降は不明です。おそらく、DAZNやフジテレビNEXTでは上位のゲームは放送されることが予想されます。日本が勝ち進めばフジテレビ(地上波)やBSフジでも放送されるかもしれません。

それも踏まえて比較します。

日本戦のみ見たいというのであればBSフジかDAZN、世界の強豪の試合をできる限り見たいというのであればDAZNです。

BSに現在入っていないのであれば無理にBSに加入せずDAZNにしておくのがおすすめです。通信環境が整っている必要はありますが、無料のお試し期間もありますし簡単に加入・解約でき、パソコンでもスマホでも見れるというのは大きなメリットです。

FIBAバスケットボールワールドカップ2019を見る方法:まとめ

  • FIBAワールドカップを放送・配信するのは「DAZN」「フジテレビ(地上波)」「BSフジ」「フジテレビNEXT」
  • 試合数が多いのは「DAZN>フジテレビNEXT>BSフジフジテレビ(地上波)」「BSフジ」「フジテレビNEXT」
  • 通信環境が整ってさえいればDAZNがおすすめ

4年に1度のFIBAワールドカップ。来年にオリンピックを控え、その前哨戦という意味でも注目の大会です。

NBA所属の選手も各国におり、普段とは違った各国の代表として戦う彼らに注目です。

また日本人としては、久々の出場となる今大会、過去最強とも呼ばれる代表チームがどこまでやってくれるのかかなり期待しています。

テレビやネットで見るにはDAZNかフジテレビ系の地上波・BS・CSとなりますが、一番のおすすめはDAZNです。ネット環境さえあればいつでもどこでも見れるというのはやはり嬉しいポイント。

せっかくの大きな大会なのだから、もう少し地上波放送が増えてほしかったです。

1ヶ月無料でお試し!DAZNを公式サイトでチェックする!

-バスケットボール

© 2020 スポーツYeah! Powered by AFFINGER5